京都地検

京都地検

 インターネット上の住所に当たる「ドメイン名」を乗っ取り、サイト運営者に身代金を要求したとされる事件で、京都地検は30日、恐喝未遂の罪で滋賀県草津市、自称ITコンサルタント業の男(42)を起訴した。共犯で逮捕された東京都の男性(26)は不起訴処分(嫌疑不十分)にした。

 起訴状によると、男は氏名不詳者らと共謀して昨年10月6日、福岡市のミュージシャン男性(53)の公式サイトのドメイン名を乗っ取り、偽サイトに誘導するよう接続先を改変。偽サイトに「このドメインは預かっている」と表示し、元に戻すための代金としてビットコイン約11万円分を脅し取ろうとしたとしている。