PTAの在り方が岐路に立つ中、運営方法を見直す動きも広がっている。

 京都市左京区の松ケ崎小のPTAは、これまで運営委員会が「学級児童」「広報」「文化」「保健体育」と四つあり、各委員はクラスごとに1人で、計48人を年度初めに選んでいた。それを2021年度からは