新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は31日、新たに10~90代の57人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。府内の新規感染者が1日50人を上回るのは2月2日以来、約2カ月ぶり。調査中を除きいずれも軽症か無症状で、感染経路不明は18人だった。府内の感染者は9515人となった。

 京都市の発表は30人。うち大学生の男女3人は今月下旬に市内で開いた大学サークルの飲み会に参加。他府県の学生も含めると感染判明は8人になり、市は新たなクラスター(感染者集団)と認定した。

 京都市を除く府内では、宇治おうばく病院(宇治市)の院内感染によるクラスターで新たに患者と職員計18人が感染し、全体では28人に拡大した。

 居住地別では、京都市36人、城陽市と木津川市が各5人、舞鶴市2人、宇治、長岡京、京田辺、八幡、亀岡、福知山など8市町が各1人。職業が判明している人のうち、学生は10人だった。