龍村光峯氏

龍村光峯氏

 先染紋織物(さきぞめもんおりもの)の「錦織(にしきおり)」の第一人者で、伝統技術の保存継承に尽くした織物美術家、龍村光峯(たつむら・こうほう、本名・龍村順)氏が5日午後1時56分、肺炎のため京都市左京区の病院で死去した。73歳。兵庫県宝塚市生まれ。自宅は京都市北区紫竹下ノ岸町25。葬儀・告別式は9日午前11時から京都市北区紫野宮西町34、公益社北ブライトホールで。喪主は長男周(あまね)氏。

 早稲田大卒。二代目龍村平蔵氏の三男で、1976年に龍村平蔵織物美術研究所(現在は龍村光峯に社名変更)を設立。染めた絹糸で紋を作り、手機(てばた)で仕上げる伝統的な錦織で、つややかで立体的な美しさを追求した。代表作は旧大蔵省三田会議所の「和の集」や京都迎賓館の「暈繝段文(うんげんだんもん)」、東宮御所の「瀬戸のうちうみ」のタペストリーなど。

 2011年に一般財団法人・日本伝統織物研究所を立ち上げ、代表理事に就任。奈良、平安時代の生地復元事業などを通じ、伝統技術の保存や職人の育成にも尽力した。