行を成したと認める書状を森川座主(左)から受ける渡部さん=1日、大津市・延暦寺

行を成したと認める書状を森川座主(左)から受ける渡部さん=1日、大津市・延暦寺

 仏教の母なる山と呼ばれる天台宗総本山の延暦寺(大津市)で1日、千日回峰行と並んで厳しい「十二年籠山(ろうざん)行」を、渡部光臣さん(48)が満行した。戦後7人目で20年ぶり。

 十二年籠山行は、まず五体投地の礼拝を1日3千回続けて「仏を感応する境地に達した」と認めてから、延暦寺で最も聖域とされる宗祖最澄廟(さいちょうびょう)がある浄土院にこもる。宗祖に仕える僧「侍真(じしん)」として、礼拝や読経、献膳(けんぜん)などをつとめ、境内を落ち葉一つ残さず掃き清めてきた。浄土院を中心とした結界から出ることはない。戒律の厳しさから「掃除(そうじ)地獄」とも呼ばれる。

 2009年4月に入行して行を成したと認める書状をこの日、森川宏映天台座主が渡部さんに授与した。