京都市の女性作家2人が、それぞれのアプローチで植物の造形や素材を生かした編み物を制作している。生命力や多様性、時の経過など植物の魅力が凝縮され、人気を呼んでいる。