昨年12月に行われた京都検定の試験(京都市下京区・京都経済センター)

昨年12月に行われた京都検定の試験(京都市下京区・京都経済センター)

 京都商工会議所は1日、新型コロナウイルスの影響を受けて初めて分散実施する「京都・観光文化検定試験(京都検定)」の概要を発表した。新設する夏季試験は最も易しい3級のみが対象で、7月11日に京都市内で行う。

 夏季の3級の公開テーマは「魔界都市・京都-鬼や妖怪、伝説等」。申し込みは5月6日から公式サイトなどで受け付ける。受験料は3850円。

 従来の冬季試験は12月12日に市内と東京都内で1~3級すべてを実施する。各級の公開テーマは、1級が「京の名木」、2級が「京の通称寺」、3級が「京を見守る銅像となった歴史人物」。詳細は9月ごろに発表する。

 京商検定事業課075(341)9765。