滋賀県の三日月大造知事(3月29日撮影)

滋賀県の三日月大造知事(3月29日撮影)

 滋賀県の三日月大造知事は1日、県民に向け、「まん延防止等重点措置」が適用された大阪、兵庫、宮城3府県への不要不急の外出自粛を要請する方針を示した。2日の新型コロナウイルス対策本部員会議で要請内容の詳細を決める。


 三日月知事は記者会見で、大阪府で20~30代の感染者が急増している点などを挙げ、「これまでの波よりも早く大きく迫ってきている」と危機感を示した。大阪の感染者の行動歴に送別会や卒業式への参加があることから、「5月の連休を含め(県内でも)移動や行楽、会食の機会が増えるだろうから、基本的な感染対策の徹底を繰り返し呼び掛ける」とした。

 県内の新規感染者数は3月30日に13人、31日に17人、4月1日に24人と増加している。県は1日当たり120人の新規感染者に対応できる医療提供体制を準備する方針で、三日月知事は作業の「スケジュールを早める」とも述べた。