【資料写真】びわ湖ホール

【資料写真】びわ湖ホール

 びわ湖ホール(大津市打出浜)は1日、2022年3月末に満了となる沼尻竜典芸術監督(56)の任期を1年延長すると発表した。23年4月からは、大津市在住で国際的に活躍する指揮者阪哲朗氏(53)が3代目の芸術監督に就任する予定で、1日に同ホールの芸術参与に就任した。

 沼尻芸術監督は07年に就任し、現在5期目。23年3月にプロデュースオペラ「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー作曲)を上演予定のため、任期延長となった。

 次期芸術監督に内定した阪氏は京都市出身。山形交響楽団首席客演指揮者やレーゲンスブルク歌劇場音楽総監督(ドイツ)などを歴任し、現在は山形交響楽団常任指揮者。