福知山公立大(京都府福知山市堀)は、防災の研究拠点となる大学の付属機関「地域防災研究センター」を設立した。福知山市に蓄積された水害に関するデータや経験を活用し、災害対応での意思決定や避難などについて研究を進めて自治体の危機管理に役立てる。

 大学の1号館に1日、設置した。市の元危機管理監の横山泰昭特命教授がセンター長を務め、専任職員1人を置く。必要に応じて外部の専門家の支援を受ける。同大学の2学部、行政、地域の自主防災組織などと連携して……