4年前に創設された滋賀大データサイエンス(DS)学部=滋賀県彦根市=から今春、初の卒業生が巣立った。多くの企業連携を生かした実践的な教育を一番の特徴に、日本初のDSに特化した学部として社会に必要とされる人材育成を目指してきた。1期生は幅広い業種に就職。竹村彰通DS学部長は「目的は一定達成できた」と4年間の手応えを語る。