滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は3日、県内の新型コロナウイルス感染者のうち、新たに男女21人からウイルス変異株を確認したと発表した。いずれも軽症で、変異株の判明は県内で計30人となった。感染症対策課は「京都、大阪で感染し、グループや家庭で広がる形で、変異株が県内でまん延しているわけではない」との見解を示した。

 3日に確認された県内の新たな感染者は男女10人。10歳未満から40代までで、9人が軽症、1人が無症状。うち7人は感染経路が不明か調査中。居住地は草津市3人、彦根市2人、高島市2人など。県内の感染者は計2836人となった。