新しい亀岡支店の完成イメージ図

新しい亀岡支店の完成イメージ図

 京都銀行は、亀岡支店(京都府亀岡市)を近くに新築移転し、4月15日にオープンする。応接室や相談ブースを拡充させたほか、全自動貸金庫を設置するなど顧客の利便性向上を目指す。

 新店舗の延べ床面積は、旧店舗の約2倍となる約1455平方メートルで、4階建ての鉄筋コンクリート造り。コンサルティング機能を強化するため、応接室や相談ブースを拡張した。平日と土曜も利用できる全自動貸金庫(482個)も新たに設置。太陽光パネルや発光ダイオード(LED)照明を採用し、環境にも配慮した。

 約80メートルそばの旧亀岡支店は1963年の建築で、老朽化が進んでいた。4月12日まで営業する。