尹東柱の記念碑に花を供える参加者(京都府宇治市)

尹東柱の記念碑に花を供える参加者(京都府宇治市)

 同志社大留学中に治安維持法違反で逮捕され、獄死した韓国の国民的詩人・尹(ユン)東(ドン)柱(ジュ)(1917~45年)の記念碑建立2周年の集いが26日、京都府宇治市内であった。同市志津川の碑の前では日韓関係者が花を供え、両国の関係が冷え込んでいる今こそ歴史や現実と向き合い、心を通わせ合おうと誓った。

 碑が建つのは尹が同大の友人とハイキングに訪れ、生前最後となった写真が撮影された天ケ瀬つり橋近くの河畔。「詩人尹東柱記念碑建立委員会」(代表・安斎育郎立命館大名誉教授)が12年かかって2年前に建立した。

 尹の写真などが飾られた碑の前にはこの日、75人が集まった。献花や尹の詩の朗読を行った後、同志社中の生徒(14)が誓いの言葉を述べた。

 ポップミュージックに引かれて韓国を好きになり、夏休みの自由研究で尹をテーマにした生徒は「尹の詩は表現がきれいで、今を生きる私たちに同じ過ちを繰り返さないことを教えてくれる。私は広い視野を持ち、偏見の目で人を見ない人になりたい」と力を込めた。

 午後からは同市宇治の日本キリスト教団宇治教会で、ソウル大日本研究所の南(ナム)基(キ)正(ジョン)教授が「朝鮮半島平和プロセスと日本」と題して講演した。