ワクチン接種や感染予防策について意見を述べる京都府の西脇知事(京都市上京区・府庁)

ワクチン接種や感染予防策について意見を述べる京都府の西脇知事(京都市上京区・府庁)

変異株対策やワクチン接種について意見を述べる三日月知事(4日午前、大津市京町4丁目・滋賀県庁)

変異株対策やワクチン接種について意見を述べる三日月知事(4日午前、大津市京町4丁目・滋賀県庁)

 全国知事会が4日にオンラインで開いた新型コロナウイルス緊急対策本部会議には、京都府の西脇隆俊知事と滋賀県の三日月大造知事がそれぞれ参加した。西脇知事は隣接する大阪府と兵庫県での感染急拡大に危機感を示し、三日月知事は変異株患者への対応について基準が必要との意見を述べた。

 西脇知事は京都の感染状況について「一体的な経済圏を成している大阪と兵庫でまん延防止等重点措置が適用され、非常に危機感を持っている」と述べ、感染者が増えている大学生に友人宅での宿泊や課外活動に伴う会食をしないよう呼び掛けていると説明した。

 これからワクチン接種が本格化するのを前に、頻度が多い副反応への対応方針を国が示すよう要望。接種翌日に副反応が出る可能性を踏まえ、「企業でワクチン休暇を設定するなど、接種を受ける人の勤務や生活に配慮した環境作りについても提言に盛り込んでほしい」と求めた。

 三日月知事は、変異株のスクリーニング(ふるい分け)を地方衛生研究所だけでなく民間検査機関でもできるようにするべきと訴えたほか、回復した変異株感染者の退院基準について「エビデンス(根拠)に基づきしっかりと示すことが必要だ」と述べた。

 県内の自治体には今回の感染再拡大でワクチンの供給・接種作業が遅れるのではないかとの懸念が広がっているとして、感染拡大時における接種の指針が必要とも指摘した。