枝から舞い落ちた桜の花びらが琵琶湖疏水分流の水面を漂い、大きな花筏(はないかだ)となっていました。(2021年4月2日撮影、京都市左京区)