京都府庁

京都府庁

 京都府は6日、府内の新型コロナウイルス感染者のうち、新たに男女59人から変異株を確認したと発表した。変異株の判明は府内で計104人となった。

 府によると、新たに変異株が見つかったうち1人は感染までの2週間以内に海外滞在歴があった。陽性判明日は56人が3月21日~4月3日。3人が1月27日~2月8日だった。3人は、変異株の確認された別感染者の濃厚接触者として検査し確認したという。

 国立感染症研究所の調査の結果、京都府内で6日までに判明した計104人のうち24人が英国由来の変異株だった。そのほかは調査中としている。

 府健康対策課は「変異株の広がりについては全国的なことなので、国の分析を待ちたい」としている。