嫁しゅうとめや介護など家族の悲喜こもごもを率直なせりふで描いたドラマのタイトル「渡る世間は鬼ばかり」は秀逸な反語だ。脚本を書いた橋田寿賀子…