「踊る方も撮る側もミスがないよう気をつけていこう」。全国レベルの社交ダンス大会で活躍する兄と妹のペア 足立陽貴(はるき)さん(17) 心優(みひろ)さん(15)=京都府福知山市。3月中旬、新型コロナウイルスで会場での開催が難しくなった社交ダンス大会。オンライン上で開かれ、地元福知山市のかしの木台ホールで、表現に納得のいくまで何度も撮り直した。


 社交ダンスを始めたのは陽貴さんが3歳のころ。今は走り高跳びの日本パラ陸上競技連盟強化育成指定選手で、クラス別の日本記録を持つ兄悠都さん(19)と参加した体験教室がきっかけだった。兄2人の姿を見て心優さんも2歳ごろ……