京都大学

京都大学

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いて胎盤のもとになる細胞を作ることに初めて成功したと、京都大などが発表した。妊娠初期までにおける受精した胚の変化の過程が再現でき、妊娠合併症などの解明に役立つという。米科学誌セル・ステム・セルに8日掲載される。

 胎盤は、母親から胎児へ酸素や栄養を届ける役割を持つが、発生過程の詳細は分かっていなかった。さまざまな組織に変化できるiPS細胞でも胎盤細胞を作ることは難しく、胎盤発生のメカニズムを解明する上で課題となっていた。

 京大iPS細胞研究所の高島康弘講師らのグループは、通常のiPS細胞よりも受精卵に近い性質を持つ「ナイーブ型iPS細胞」に特定の因子を加えて、胎盤のもとになる「栄養外胚葉」を作製することに成功した。さらにこの胚葉から胎盤を組織する3種類の細胞に変化させることができた。着床前後にヒトの体内で起きる変化の過程を試験管の中で再現できたとみられるという。

 高島講師は「胎盤発生のメカニズムを知ることで、これまで難しかったヒトの初期発生に関する研究が広がるのではないか。胎盤に由来したさまざまな合併症の解明につなげたい」と話している。