京大病院

京大病院

オンライン記者会見で手術の内容を説明する京大医学部付属病院の伊達洋至教授

オンライン記者会見で手術の内容を説明する京大医学部付属病院の伊達洋至教授

 新型コロナウイルス感染の後遺症で肺障害となった女性への生体肺移植を世界で初めて行ったと、京都大医学部付属病院(京都市左京区)が8日発表した。肺機能が悪化して人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を装着したが、肺移植以外に救命手段がない状態になったため家族から提供を受けたという。

 同病院によると、女性は関西在住で、昨年末に新型コロナに感染し関西地方の別の病院に入院。一度はエクモを離脱したが再び悪化して、再装着となり3カ月以上経過した。PCR陰性となってからも肺障害は回復せず、脳死ドナーからの肺移植も待機期間が800日を超えている状態だった。女性には肺以外に障害はなかった。

 夫と息子から臓器提供の申し出を受け、5日に京大病院へ搬送され、7日に2人の肺の一部を女性に移植した。手術時間は約11時間におよび女性は現在、集中治療室で管理されている。臓器提供した2人の経過は良好という。

 同病院によると、新型コロナ感染後の肺障害患者に対する脳死ドナーからの肺移植は、中国や欧米で既に実施されている。だが生体での肺移植は行われていなかった。また生体肺移植は肺以外に障害のない65歳未満の患者が対象となる。新型コロナ感染症でエクモを装着する患者の多くは基礎疾患のあることが多く、執刀した伊達洋至(ひろし)教授は「対象患者数は限定的となる」としている。