原文は吉岡曠校注『新日本古典文学大系24』(岩波書店)より転載。原文表記の一部を修正している
 

 このように鬱々(うつうつ)と落ち込んでばかりいたのを、私の心を慰めようと、気遣って、母が物語などを探して見せてくださったが、本当に自然と癒やされていく。『源氏物語』の若紫の巻を見て、続きを読みたいと思ったけれど、人にお願いしたりもできない。家中のだれもまだ京の都に慣れないころで、見つけることができない。とてもじれったくて、読みたい気持ちが募るままに、「この『源氏物語』を最初の巻から、全部読ませてください」と心の中で祈る。親が太秦に参籠なさった時に同行した折も、他のことはさておき、この事ばかりを祈願して、太秦を出たら、すぐさま『源氏』を手に入れて、最後まで読み終えちゃう、と思ったが、どこにもない…。

 とても悔しくて、思い嘆いていたところ、おば(系譜不明)が田舎から上京した家を尋ねてみたら、「まあかわいらしく成長したのね!」などと、心から喜び愛(いと)おしみ、珍重してくれて、帰りに「お土産に何を差し上げようかしら。実用品なんかじゃつまんないしね、欲しがってらっしゃると噂に聞いたものをあげよう」と言って。『源氏物語』の五十数巻を、箱に入れたまま、また『在中将(伊勢物語)』『とほぎみ』『せり河』『しらら』『あさうづ』などという物語を一袋分詰め込んで、手にして帰る気持ちの嬉(うれ)しさったらなかったわ。

『京名所(みやこめいしょ)』(佛教大図書館蔵)『京名所絵巻』とも。江戸時代中期の作かという。上下2巻で、洛中・洛外の名所が描かれている。太秦広隆寺は、下巻のちょうど真ん中あたりの場面に見える。左上は嵯峨の清凉寺。右は妙心寺で、その上に仁和寺がある

    念願の「源氏」悦楽に耽る

 

 この前に「その春、世中(よのなか)いみじうさわがしうて」と記す。治安元(一〇二一)年のことだ。昨年の痘瘡(もがさ)に続き、この年は疾疫(しつえき)(疫癘(えきれい))が流行った。「死者甚多(はなはだおほし)」(『日本紀略』)、「世の中いと騒がしくて、皆人(みなひと)いみじう死ぬ」(『栄花物語』)という。孝標女が東国で世話になった乳母(めのと)も「三月ついたちになくなりぬ」。泣き暮らしているうちに「桜(さくら)の花のこりなくちりみだる」。孝標女は「ちる花もまたこむ春は見もやせむやがてわかれし人ぞこひしき」と哀傷歌を詠んだ。年年歳歳花相(あい)似たり、歳歳年年人同じからず、との境地だろう。

 「また聞けば、侍従(じじゆう)の大納言の御むすめ、なくなり給ひぬなり」。侍従大納言とは『枕草子』にも登場し、書道・世尊寺(せそんじ)流の祖としても知られる藤原行成(ゆきなり)である。娘も達筆で、孝標女が上京したころ「これ手本にせよとて、この姫君(ひめぎみ)の御手(て)をとらせたりし」。その文字はまだ手元に残っており、「めでたくかき給へるを見て、いとど涙(なみだ)をそへまさる」。病弱だったらしいが、夫の「殿(との)の中将」長家(ながいえ)の悲しみを思うと「いみじくあはれなり」。長家は殿・藤原道長の六男で、その時は右中将。冷泉家へとつながる御子左家(みこひだりけ)の祖である。

 物語は、女の心を慰めるものという(『三宝絵』『枕草子』)。この子のグリーフケアには物語が一番と母は探し求め、娘はもっと読みたいと太秦に祈り、そして願ってもないおばの計らいがあった。彼女はついに全てを手にする。「はしるはしる、わづかに見つつ、心もえず、心もとなく思ふ源氏を、一の巻よりして、人もまじらず、木帳(きちやう)の内にうちふして、ひきいでつつ見る心地、后(きさき)のくらゐもなににかはせむ」。この世は物語で出来ている!「ひるは日ぐらし、よるは目(め)のさめたるかぎり、火をちかくともして、これを見るよりほかの事なければ、おのづからなどは、そらにおぼえうかぶ」。すっかり諳(そら)んじてしまった。

 物語を「見る」という。物語音読論という学説がある(玉上琢彌)。『源氏物語』東屋(あずまや)に「絵など取り出でさせて、右近に詞(ことば)読ませて見たまふ」とあり、宇治の中の君が異母妹の浮舟と灯火の光で絵をながめ、本文は、女房に読ませて聞いている。国宝『源氏物語絵巻』(徳川美術館蔵)にも描かれた場面だ。近代でも、ラジオやテレビの登場する前は、字の読める父が、家族に小説を読み聞かせていた時代があった(前田愛『近代読者の成立』)。だが孝標女は、一昔前の文学少女のように、ひとりぼっちの悦楽に耽(ふけ)る。

 長家は、十一月に再婚した。翌年、桜が咲いて散ると亡き乳母が追懐され、行成娘の筆跡を手にとって見れば「すずろにあはれなる」。すると五月ころ「猫(ねこ)のいとなごう鳴(な)いたるを、おどろきて見れば、いみじうをかしげなる猫あり」。可愛いね。こっそり飼おうよと姉が言い、愛猫となった。ある日、病んで臥(ふ)せった姉の夢に、この猫が出てきて、「おのれは侍従の大納言殿の御むすめのかくなりたるなり」と告げた。猫と夢は『源氏物語』で柏木と女三の宮の関係を深める重要な小道具だ。姉は、七月十三日の月の明るい寝静まった夜に、縁側で「空をつくづくとながめて」、(まるで浮舟の失踪のように)「ただいま、行方(ゆくへ)なく飛び失(う)せなば」どう思う?と問うような人だった。猫もどこか普通でないところがあって「大納言の姫君」と呼ぶと「聞き知り顔に鳴きて、あゆみ」来る。父も、大納言に教えよう、などと親しんでいたが、翌三年四月、夜中の家火事で猫は焼死。その次の年の「五月のついたちに」姉も二人目の子を産んで死んだ。

 太秦広隆寺は、聖徳太子ゆかりの名刹(めいさつ)だが、祈りは物語のことばかり。だがそれは、回想記『更級日記』の重要な信仰告白で、救済へとつながる伏線だ。この物語耽溺(たんでき)の直後にも「夢に、いときよげなる僧(そう)」が「黄(き)なる地(ぢ)の袈裟(けさ)」を着て現れ、「法華経五巻(ごのまき)をとくならへ」というのである。後年にも「八月許(はづきばかり)に、太秦(うづまさ)にこもる」、また「世中(よのなか)むつかしう覚ゆる頃、太秦に籠(こ)もりたるに」入相の鐘の音を聞く、と広隆寺が見える。ただしこの「むつかし」い「世の中」は疫病ではない。人間関係をめぐる、彼女自身の悩みを指す。

 

太秦広隆寺(京都市右京区)

広隆寺前の太秦交差点。ノスタルジックな嵐電が走り、近くには秦氏ゆかりの神社や遺跡も多い(京都市右京区)
太秦広隆寺地図

 渡来系の秦氏ゆかりの広隆寺の建立は603年。山城最古の寺院というだけに、仏像など70点近い国宝や重要文化財が今に伝わる。国宝の弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしゆいぞう)はあまりにも有名だが、聖徳太子像(上宮王院太子殿本尊)とともに毎年11月22日にだけ公開される秘仏がある。重文の薬師如来立像。日ごろは境内霊宝殿の厨子(ずし)に安置されている。

 「更級日記」の冒頭、孝標女は、常陸国から憧れの都へ上り「源氏」などあらゆる物語を読みたいと「等身の薬師仏」を造って祈り続けたと記す。ただ、上京はかなったものの、その薬師仏を常陸に残してきたせいか、物語を読みふけるには至らない。

 それで、広隆寺参籠である。疫病流行の中でも、祈りの日々の願いはただ「源氏」の読破。この時、どの仏さまに祈ったのか。現存の像かは不明だが、中心はやはり最初の願いをかなえてくれた薬師如来であったろう。

■あらき・ひろし

 1959年生まれ。専門は古代・中世文学。古典を通じた大衆文化研究も進める。著書に「徒然草への途」ほか。

■文遊回廊

 史跡などの歴史を物語でつなぎ、散策路を策定します(主催・京都文化交流コンベンションビューロー、古典の日推進委員会、京都新聞)