京都府警宇治署

京都府警宇治署

 京都府警宇治署は8日、詐欺の疑いで、自称広島県福山市、無職の男(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5日午後3時ごろ、宇治署員になりすまして訪れた京都府宇治市内の無職女性(72)宅で、金融機関のキャッシュカード2枚を受け取って封筒に入れ、女性が目を離した隙に別の封筒とすり替えて返し、同カード2枚をだまし取った疑い。

 同署によると、容疑の男が訪問する前、宇治署員になりすました別の男が女性宅に「おれおれ詐欺が発生している」「援助金を得るには手続きが必要」などと電話をかけていた。詐取されたカード2枚を使って5~6日に、京都府内の現金自動預払機(ATM)で計200万円が引き出されており、同署は容疑の男が実行したとみて捜査している。