地域で暮らす外国人の日本語学習環境を充実させようと、京都市左京区の市国際交流協会は、オンライン学習システムの構築や学習支援者の養成などを新たに始める。企業や地域との連携も深め、外国人住民の暮らしや働きをサポートする。