京都ヒストリカ国際映画祭の開幕式典。初日に上映した戦前の映画「祇園小唄絵日傘」にちなんで、現役の舞妓もゲスト参加した(京都市中京区・京都文化博物館)

京都ヒストリカ国際映画祭の開幕式典。初日に上映した戦前の映画「祇園小唄絵日傘」にちなんで、現役の舞妓もゲスト参加した(京都市中京区・京都文化博物館)

 歴史をテーマにした「京都ヒストリカ国際映画祭」が26日、京都市中京区の京都文化博物館で始まった。放火殺人事件に遭った京都アニメーションを支援しようと、京アニ作品を上映するほか、日本のアニメの源流となった京都ゆかりの作品の数々も紹介し、京都がアニメ史に刻んだ足跡をたどる。新旧の実写映画も合わせ、計27作品を11月4日まで特集上映する。


 開幕式典では、主催者として京都府の山下晃正副知事があいさつ。「映画の作り手に焦点を当てて映画祭を続けてきただけに、多くのアニメーターが亡くなった事件は大きなショックだった」とした上で「クリエーターを大切にちゃんとしたものを作り続けてきたから、世界的な支援が広がった。京都の映画人を応援してほしい」と呼び掛けた。
 初日は、京アニ作品として、宇治を舞台にした「響け!ユーフォニアム」などを上映。また、東映太秦映画村(右京区)でも撮影された周防正行監督の最新作「カツベン!」(12月公開)を先行上映し、映画草創期の活動弁士と、戦前に京都で作られた時代劇などを重ねた物語に、観客が見入った。舞妓の悲恋を描いた戦前の「祇園小唄絵日傘」も復元上映した。
 27日は、京アニ作品では、出町桝形商店街(上京区)を舞台のモデルにした「たまこラブストーリー」や「映画けいおん!」を上映。また、日本初のカラー長編アニメ「白蛇伝」(1958年)も同日に映す。詳細は公式ホームページhttps://historica-kyoto.com/