2021年度の京都市の保育料表。最高額は月額9万5千円になる。同時利用するきょうだいの2人目は「子どもはぐくみ応援額」が適用、市基準額の半額以下になる(京都市ホームページから)

2021年度の京都市の保育料表。最高額は月額9万5千円になる。同時利用するきょうだいの2人目は「子どもはぐくみ応援額」が適用、市基準額の半額以下になる(京都市ホームページから)

市民しんぶん2月1日号では、財政再生団体に転落した場合の影響として、「保育料4割値上げ」などの記載があり、波紋を広げている

市民しんぶん2月1日号では、財政再生団体に転落した場合の影響として、「保育料4割値上げ」などの記載があり、波紋を広げている

 「保育料がこんなに高いなんて」。昨年秋、1歳の長女がいる京都市在住の30代の母親は驚いた。

 保育料を計算すると、短時間(8時間)利用でも月額8万円近く。これでは仕事に復帰しても、自身の給料の多くが保育料に消えてしまう。

 「退職も考えたが、育休で職場に迷惑を掛けてきたし、将来の経済不安や自らのキャリアのこともある。無償化まで何とか辛抱したい」と漏らす。

 幼児教育・保育の無償化が2019年10月に始まり、保育園や幼稚園などに通う3歳児以上の保育料の多くが無料になった。だが、0~2歳児では住民税非課税世帯のみが対象となっている。

 保育園の保育料は、自治体が国基準を限度に、世帯の市町村民税所得割額や利用時間などに基づいて決めている。京都市では21年度、最も高所得の階層(推定世帯年収約1130万円以上)の子が11時間利用すると月額9万5千円。前年度から900円上がり、年間114万円にもなる。

 保育料が無料の南山城村を除き、府内の他自治体の最高階層と比べて月額1万7千円~5万3千円ほど高い。「保育白書」(20年版、全国保育団体連絡会・保育研究所編)によると、政令指定都市や中核市といった全国85都市の中でも最高額のほか、推定世帯年収約640万円以上の階層は、いずれも高い水準にある。

 市幼保総合支援室は「高所得者層には負担をお願いしているが、低中所得者層の保育料は抑えてきた。保護者の所得や利用時間にきめ細かく対応してきた」と強調する。

 市は負担軽減策として、階層区分を国基準の8段階から22段階へと細かく分けているほか、利用時間も30分刻みにし、それに応じた保育料を設定。同時利用するきょうだいの2人目は市基準額の半額以下に抑えるなど、本年度は独自に約17億円を投入している。