旧園部城の巽櫓、番所、櫓門(2018年12月撮影、南丹市園部町)

旧園部城の巽櫓、番所、櫓門(2018年12月撮影、南丹市園部町)

 園部藩立藩400年を記念する催しで、5月上旬に京都府南丹市園部町での開催を予定していた「園部城祭り」が、秋に延期されることが決まった。新型コロナウイルスの感染収束が見込めないため。

 日本で最後に築かれた園部城について知ってもらおうと、立藩400年の2019年に始めた。20年も、当初予定の5月から10月にずらして実施。感染予防策を徹底しながらコンサートなどを行い、多くの来場者でにぎわった。

 今秋は、園部城や園部藩の歴史に加え、同市八木町の八木城を治めたキリシタン武将内藤ジョアンの紹介もしたい考え。市商工会などでつくる実行委員会の委員長を務める寺田弘和市商工会長は「秋に充実した内容で開催したい」としている。