追悼法要で手を合わせる参列者ら(12日午前、京都市左京区・檀王法林寺)

追悼法要で手を合わせる参列者ら(12日午前、京都市左京区・檀王法林寺)

 2012年4月に京都市東山区の祇園で軽ワゴン車が歩行者らをはねて19人が死傷した事故は12日、発生から9年を迎えた。犠牲になった埼玉県蕨市の鴨下孝子さん=当時(62)=の兄は、穏やかな暮らしを取り戻した今も「妹はその場を歩いていただけ。なぜ、亡くならなければいけなかったのか」とやりきれない思いを抱えている。

 毎年4月12日になると、鴨下義康さん(76)=同県戸田市=の自宅には弟や子、孫ら10人ほどが集う。孝子さんの遺影を飾り、食事をしながら在りし日の思い出を語り合ってきた。義康さんの孫をかわいがり、月に2回は遊びに来ていた孝子さん。「旅行好きで、よく京都の社寺を観光していた。夏の高校野球を見に甲子園にも行ってね…」と義康さんは懐かしむ。

 事故から9年がたち、怒りの感情は徐々に薄らいできたという。酒造りの杜氏(とうじ)として今も働き、「生活はだいぶ落ち着きました」。孝子さんと一緒に京都を訪れて事故に遭い、左脚骨折の重傷を負った妻(73)はランニングを楽しむまでに回復した。