全国52消防本部などを対象とした総務省消防庁の集計で、急病人らの搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が仙台、大阪、神戸の各市で増加していることが13日分かった。3市は新型コロナウイルスの感染状況悪化を受けて5日から「まん延防止等重点措置」の対象となっており、病床逼迫の影響があるとみられる。

 5~11日の1週間の件数をまとめた。仙台市消防局は前週(3月29日~4月4日)から38%増の66件、大阪市消防局は31%増の234件、神戸市消防局は24%増の42件だった。このうち、コロナが疑われる症状があったケースは仙台11件、大阪71件、神戸23件だった。