老朽化した献灯台。基礎部分をブロック塀で補強している(八幡市八幡・相槌神社)

老朽化した献灯台。基礎部分をブロック塀で補強している(八幡市八幡・相槌神社)

クラウドファンディングで多くの寄付が集まる相槌神社(八幡市八幡)

クラウドファンディングで多くの寄付が集まる相槌神社(八幡市八幡)

 刀が作られた地として「刀剣女子」から熱い注目を集めている京都府八幡市八幡の相槌(あいつち)神社が、老朽化した献灯台を新調するためインターネットで資金を募ったところ、わずか5時間で目標(74万円)を達成した。井戸改修なども追加したが、新たな目標額(260万円)も超え、宮司らを驚かせている。

 社伝によると、千年以上前に刀工の大原五郎太夫安綱と稲荷神が、境内の井戸水で名刀「髭切(ひげきり)」「膝丸(ひざまる)」を作った。刀剣好きの刀剣女子の話題となり、毎月1、15日の月次祭(つきなみさい)に朱印などを求める列ができている。

 神社の整備に協力してもらおうと、献灯台の新調資金について、ネットで多くの人に提供を呼び掛けるクラウドファンディング(CF)を1月31日午後5時から実施したところ、同日中に目標を達成。さい銭箱も新調できる120万円が翌日までに集まった。さらに井戸改修も追加したところ、3月1日時点で117人から287万円が集まった。15日まで続け、寄付者には特別の朱印やお守りを贈る。

 新たな献灯台などは5月中に設置予定。井戸水は水質の良い深さから採水して手水(ちょうず)用とし、災害時の飲用も検討する。

 社務所や本殿の修復も、神社奥の石清水八幡宮と協議しながら実施に向けた検討を進めており、高月清子宮司は「ご支援をいただきありがたい。本殿や社務所の修復へ早く力を注げるように頑張りたい」と話す。