南丹市内の人気店が集うイベントが開かれる「そのべお城通り」の歩道(同市園部町宮町)

南丹市内の人気店が集うイベントが開かれる「そのべお城通り」の歩道(同市園部町宮町)

京都府南丹市

京都府南丹市

 京都府南丹市の飲食店が一堂に会するイベント「そのべお城通り食堂」が5月1~3日、同市園部町宮町の「そのべお城通り」で開かれる。歩道に置いたパラソルの下で薫風に吹かれながら、地元人気店の弁当やすしなどを楽しんでもらう。新型コロナウイルスの流行で沈滞気味なまちのムードを盛り上げる。

 南丹市の園部町や八木町などから、各日6店程度が参集する。検温や消毒をしてコロナ対策を徹底した出店者が、ハンバーグや焼き肉の弁当、カレーパン、さばずし、サンドイッチなどを売る。広い歩道にはパラソル6本と椅子20脚程度を置き、思い思いに使ってもらう。

 周辺では期間中、スーパーボールすくいなどの子ども向けの遊び場を設けるほか、参加店舗が持ち寄った食器類の販売、地元アーティストによるコンサートなどを予定する。

 実行委員の寺田弘和市商工会長は「コロナ禍の中、テークアウトの利用などで地元の店を支えてもらっている。今度は飲食店側が一丸となって元気を生み出し、地域に恩返しをしたい」と意気込む。継続的なイベントに育てたいという。

 食堂の営業時間は午前11時~午後5時。