「認知症の人と家族の会」(京都市上京区)が、ガイドブック「認知症の人と家族の思いをより深く知りたいあなたへ」を発行した。認知症の本人や家族への意識調査に加え、本人の寄稿も掲載した。診断を受けて将来への強い不安を感じた後、生きることに前向きな気持ちをどのように取り戻したかなどが記されており、「気持ちに寄り添う手掛かりになる」と反響を呼んでいる。