「露国皇太子殿下狂漢の為(た)めに微傷を負ひ給(たま)ふ」。京都新聞の前身の中外電報や日出新聞は、事件の一報を号外などで直ちに伝えた。

 事件は1891(明治24)年5月11日に起きた。その翌日には明治天皇が京都で療養中のニコライ皇太子を見舞うため、臨時列車で京都に急行した。日本全体が驚愕(きょうがく)し、「ロシアが報復するのでは」と恐怖した。

 当時の日本は極東の弱小国。一方のロシアは…