2度目の緊急事態宣言が京都府に発令されていた1月29日、京都市の門川大作市長は市役所で河野太郎行政改革担当相と非公開のウェブ会談に臨んだ。政府の新型コロナウイルスワクチンの司令塔に迫る。「道府県を介さず、政令指定都市に直接、ワクチンを送ってほしい」。河野大臣の答えはにべもなかった。