心見つめる歌 時代を超えて

河島英五さん

 「酒と泪(なみだ)と男と女」などの名曲で知られ、今年没後20年を迎えたフォーク歌手河島英五さんの創作ノートやイラスト、愛用のギターなどを紹介する「没後20年 河島英五展-人生旅的途上」が16日から、京都文化博物館別館(京都市中京区)で始まる。

 河島さんは高校時代にバンドを結成し、京都のレコード会社からデビュー。ソロに転じてから、1975年の初アルバムで発表した「酒と泪と男と女」が大ヒットした。その後も「野風増」や「時代おくれ」などのヒット曲が時代を越えて歌い継がれている。

名曲「酒と泪と男と女」は高校生の時につくったという
「てんびんばかり」は何度も新しい歌詞を書いている

 日本中をライブで訪れ、世界を放浪して、人と自然を愛する人柄で親しまれたが、2001年4月16日、48歳の若さで亡くなった。命日は「桜風忌」と名付けられた。

 命日が開催初日にあたる展覧会は、長女の河島あみるさんら家族や友人が準備してきた。高校時代から書き続けた30冊以上もの創作ノートには、18歳でつくったという「酒と…」の歌詞が残り、時代ごとに歌詞を書きかえたという「てんびんばかり」はその変遷が興味深い。世界を巡って描いたスケッチには優しさがあふれている。このほか愛用のギターやバイクなど約200点が出展される。

 

 新型コロナウイルスのため、人と人との交流が難しくなった時代。自ら書いた歌詞のままに、人の心を見つめ続けた河島さんならどんなメッセージを届けてくれただろう。きっとそれを探す場になる。

河島さんは世界中を放浪し、日本中をバイクで巡った。そして、数多くのイラストを残した。
 
 
法善寺横町で経営していたライブレストランの壁画
河島さん愛用のギター


【会期】4月16日(金)~25日(日)19日休館
【開場時間】午前10時~午後6時(入場は閉場30分前まで)
【会場】京都文化博物館別館(京都市中京区三条高倉)
【入場料】一般1500円、大高中生500円、小学生以下無料
【問い合わせ】河島英五展075(251)8150
【主催】スロートレイン
【共催】京都新聞