「酒と泪(なみだ)と男と女」「時代おくれ」など数々の名曲で知られ、今年没後20年を迎えたフォーク歌手、河島英五さんの軌跡を振り返る「河島英五展-人生旅的途上」が16日から、京都文化博物館別館(京都市中京区)で始まる。

河島英五展の内覧会で父のイラストや愛用品を前に語る長女の河島あみるさん(京都市中京区・京都文化博物館別館)
河島英五さん

 河島さんは京都のレコード会社からデビュー。1975年の初アルバムで発表した「酒と泪と男と女」が大ヒットした。日本中をライブで巡り、人と自然を愛する人柄で親しまれたが、2001年4月16日、48歳の若さで亡くなった。

 命日が会期初日にあたる展覧会は、長女の河島あみるさんら家族や友人が準備してきた。高校時代から書き続けた30冊以上もの創作ノートや世界中を放浪して描いたイラスト、愛用のギターやバイクなど250点以上を展示。ステージも再現し、阪神大震災復興義援コンサートなどのライブ映像を流している。展覧会を機に新たに作成した詩集とCDも販売している。

名曲「酒と泪と男と女」は高校生の時につくったという

 あみるさんは「コロナ禍の厳しい時代ですが、父が残したメッセージがみなさんの心の栄養にしてもらえるような展覧会になれば」と話していた。25日まで。有料。

河島英五展・愛用のギター

 ウェブ限定でインタビュー全文

 京都新聞ID会員向けに、河島あみるさんインタビュー全文を掲載しています。
 記事はこちらから。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/547759