土器の表面に線や、無数の爪のような模様が刻まれている。由良川沿いにある京都府舞鶴市志高(しだか)の志高遺跡から出土した縄文時代前期(7千~5500年前)の深鉢土器。線は二枚貝を使って器の表面を整え、爪の模様は工具でつけた痕跡で、前者は山陰から九州にかけて、後者は近畿一円から出る土器の特徴を示す。広範囲に移動した形跡は、海から川への交流をうかがわせる。