【資料写真】国民民主党の前原氏

【資料写真】国民民主党の前原氏

 東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡って「飲んでも何てことはないそうだ」と発言した麻生太郎財務相は16日の衆院財務金融委員会で、実際に飲んで安全性を証明するよう促されたが、言及を避けた。「私どもが申し上げているのは、きちっと(処理を)やっとるんだということ」とはぐらかした。国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)への答弁。

 麻生氏が13日の記者会見で発言した後、中国外務省の高官が「飲めるなら飲んでみてほしい」と反応したことを受け、前原氏は「政府のしかるべき方が証明して、飲める水準のものを放出することを示すことも大事ではないか」と迫った。

 麻生氏は国際基準に則した安全性を伝える意図があったとする一方、「『太平洋はお前らの下水道じゃない』とか中国は言われますけど、じゃあ太平洋はあんたらの下水道かと。みんなのものという話になっちゃうかと思うんですけど」と海洋放出を非難する中国側の反応に不快感を示した。

 前原氏は「私が与党にいたらおそらく飲みます。麻生大臣にということではないが、安心と安全が違うということを示すためにも、しかるべき方に(その行為を)行っていただきたい」と繰り返し求めた。