【資料写真】門川・京都市長

【資料写真】門川・京都市長

 京都市の門川大作市長は16日、中京区の市役所で開いた新型コロナウイルス対策本部会議後に記者団の取材に応じ、感染再拡大を受けて「今は観光という時ではない」と述べた。大型連休を前に、京都への往来自粛を求める認識を示した。

 京都府内では16日まで3日連続で新規感染者が100人を超え、感染が広がっている。門川市長は「医療崩壊につながりかねない」と危機感を示し、「それぞれの自治体が感染拡大地域に行かないでほしいと訴えている。今は日本中で外出自粛が必要」と強調した。