本欄の執筆者でもある尾池和夫さんの近著『季語の科学』を、おもしろそうな項目から楽しみつつ拾い読みしている。尾池さんはよく知られているように…