湖岸沿いを鮮やかに染めるシバザクラ(大津市におの浜4丁目・なぎさ公園)

湖岸沿いを鮮やかに染めるシバザクラ(大津市におの浜4丁目・なぎさ公園)

 大津市におの浜4丁目の大津湖岸なぎさ公園でシバザクラが見頃を迎えている。琵琶湖沿いを赤紫色の花が染め、散策する市民の目を楽しませている。

 ハナシノブ科の多年草。公園のプロムナードに5万株が植えられている。市公園緑地協会によると、昨夏の猛暑で多くのシバザクラが枯れてしまい、現在は多いときに比べると花数が3割ほど少ないという。今春は暖かく、例年に比べ2週間ほど早く咲き始めた。

 周辺の木々も新緑が芽吹き、鮮やかな花のじゅうたんとともに湖岸を鮮やかに彩っている。ウオーキングやサイクリング中の人も足を止め、甘い香りを楽しんだり、写真に収めたりしていた。今月下旬ごろまで楽しめるという。