新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は18日、新型コロナウイルスに感染していた1人が死亡し、新たに未就学児から90代以上の男女計116人が感染したと発表した。中等症1人のほかは、調査中を除いて軽症か無症状。56人の感染経路が分かっていない。府内の感染者は計1万922人、死者は計179人になった。

 京都市の発表分は71人。クラスター(感染者集団)関連では、これまで24人の感染が判明している東山署で新たに70代女性職員1人が陽性となった。市久世西老人デイサービスセンター(南区)では送迎バスを運転する60代の男性職員1人が感染し、ほかの施設職員の調査結果が判明するまで施設を休止する。居住地別では市内69人、滋賀県内と大阪府内が各1人だった。

 京都府の発表分は45人。居住地別では宇治市10人、福知山、長岡京、向日、八幡の各市で5人ずつ、城陽市4人、京都、井手、精華の各市町で2人ずつ、京田辺、木津川、舞鶴、綾部の各市と府外が1人だった。

 また、城陽市教育委員会は同日、城陽中の30代男性教諭1人が新型コロナに感染したと発表した。同中は19、20日に臨時休校する。