陸上の全日本50キロ競歩高畠大会が27日、東京五輪代表選考会を兼ねて山形県高畠町で行われ、男子は21歳の川野将虎(東洋大)が3時間36分45秒の日本新記録で優勝した。今季世界最高記録で、日本陸連が設定した派遣設定記録(3時間45分0秒)を満たし、東京五輪代表に決まった。丸尾知司(愛知製鋼、洛南高―びわこ成蹊スポーツ大出)は3時間37分39秒の2位だった。
 丸尾は17キロ付近で先頭に飛び出した川野に28キロすぎで追いついた。その後は激しく競り合ったが、42キロすぎで川野にスパートされ、突き放された。同種目の東京五輪代表は世界選手権で金メダルを獲得した鈴木雄介(富士通)に続いて2人目。
 女子20キロは河添香織(自衛隊体育学校、立命館宇治高―立命大出)が1時間34分48秒で制した。