大津市滋賀里1丁目の市埋蔵文化財調査センターで、遺跡紹介展「坂本遺跡―中世の町屋跡」が開かれている。室町時代、京都へ物資を運ぶ水陸交通の拠点だった坂本地区から出土した輸入陶磁器など約300点から中世の繁栄ぶりを伝える。

 坂本遺跡(同市下阪本)は1982年から2018年にかけて発掘調査が行われた。中世の町屋跡で見つかった中国製の青磁……