京都国際映画祭2018の概要発表会見(2018年9月3日)

京都国際映画祭2018の概要発表会見(2018年9月3日)

吉本興業と京都市が交わした委託契約に基づく吉本興業側からの請求書。「SNS発信」に100万円との金額が記されている

吉本興業と京都市が交わした委託契約に基づく吉本興業側からの請求書。「SNS発信」に100万円との金額が記されている

 「京都国際映画祭」は吉本興業主体の実行委が2014年から毎秋に開いている。

 2018年10月11~14日の「京都国際映画祭」の概要は18年9月3日、よしもと祇園花月(京都市東山区)で発表された。京都の生んだ名カメラマン故宮川一夫氏の生誕110年を記念した上映など、多彩な企画が京都市内各所で展開された。宮川氏の作品では「ぼんち」などを上映。このほか故深作欣二監督作や、京都府宇治市在住の宇治茶監督による新作アニメ「バイオレンス・ボイジャー」など期間中に計83作品を掛けたほか、下京区の元淳風小などでアート作品も展示した。開幕式は西本願寺(下京区)で開き、2018年のアンバサダー(大使)を女優の三田佳子さんが務めた。