世界最高齢のアカゲザル「イソコ」=京都市動物園提供

世界最高齢のアカゲザル「イソコ」=京都市動物園提供

 京都市動物園(左京区)で18日、飼育されている世界最高齢のアカゲザルとして、ギネス世界記録に認定されている「イソコ」(雌)の43歳を祝う誕生日会が開かれた。担当飼育員がイソコの生い立ちや現在の暮らしぶりを紹介した。

 イソコは1978年4月15日に同園で生まれ、10匹を出産。42歳になった昨年4月に同園初となるギネス認定を受けた。

 飼育員の板東はるなさんが、冷暖房完備で段差などに配慮した「老猿ホーム」で、一日の多くを寝たり餌を食べたりして過ごすイソコの日常を、写真や動画を交えて説明した。判断力の低下が見られ、昨夏には熱中症で一時状態が危ぶまれたが回復したという。

 長生きの秘訣(ひけつ)として、板東さんは「強さの順位でイソコは一番下くらいで、大きな争いに巻き込まれてこなかった。遺伝もあるかもしれない」と語った。