大阪府の緊急事態宣言の要請を受け、京都府の対応について話す西脇知事(19日午後5時すぎ、京都市上京区・府庁)

大阪府の緊急事態宣言の要請を受け、京都府の対応について話す西脇知事(19日午後5時すぎ、京都市上京区・府庁)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大阪府の吉村洋文知事が3度目の緊急事態宣言発令を政府に要請する方針を示したことを受け、京都府の西脇隆俊知事は19日、現在適用されているまん延防止等重点措置の効果などを見極めた上で、今週半ば以降に開く府コロナ対策本部会議に向けて要請が必要かどうか検討する考えを示した。

 京都市上京区の府庁で記者団に対し、西脇知事は「感染状況や大阪府が行う措置(対策の内容)なども踏まえ判断する」とした。

 京都府内の新規感染者数は18日時点で1週間平均91・86人。半月で倍増のペースで急拡大している。