滋賀県の多賀町出生説もある戦国武将明智光秀を題材にした新作狂言「光秀」を、和泉流狂言師山本豪一さん(59)=同町多賀=が制作した。光秀の末裔(まつえい)と多賀の村人のやりとりを軽妙なせりふ回しで演じ、多賀町出生説をアピールする内容で、22日の多賀大社「多賀まつり」で初披露する。

 通説では光秀は美濃国(岐阜県)の生まれとされるが、佐目村(多賀町佐目)と記す江戸時代の文書があり、多賀大社には光秀直筆の禁制も残る。新作狂言は、NHK大河・・・