800年前の承久3(1221)年、後鳥羽上皇は鎌倉幕府の執権・北条義時の追討を命じます。これに端を発した承久の乱は、上皇(院)が臣下の武士と合戦して敗れ、さらに遠国の隠岐に流されるという日本史上初めての事態でした。

 東国に幕府ができたのだから、全国の武士が御家人として組織され、京の上皇と戦って勝つのは当然…。つい、こう思いがちですが、京都で活動し、後鳥羽の命令に従った武士は、決して特異な存在ではなかったのです。有力な御家人だった後藤基清を例に見てみましょう。