ヘレン・ケラーの日本での講演音源を収めたオープンリールテープ(京都市北区・府立盲学校)

ヘレン・ケラーの日本での講演音源を収めたオープンリールテープ(京都市北区・府立盲学校)

1955年6月4日、京都府立盲学校で開かれた全国盲人大会に出席し、笑顔を見せるヘレン・ケラー(左端)=同校提供

1955年6月4日、京都府立盲学校で開かれた全国盲人大会に出席し、笑顔を見せるヘレン・ケラー(左端)=同校提供

 視力や聴力を失いながら世界各地で障害者福祉の向上を訴えたヘレン・ケラー(1880~1968年)が、1955年の最後の来日時に京都と東京、大阪の5カ所で講演した肉声を収めたオープンリールテープ4巻が、京都府立盲学校(京都市北区)に保管されていることが20日、分かった。一部会場の音源の存在は知られていたが、まとまって見つかるのは初めてとみられる。発見した同校元教諭の岸博実さん(71)は「ヘレンが日本に伝えたかったメッセージの全貌を知ることができる貴重な資料」と話す。


 ケラーの来日は37年と48年、55年の計3回。55年は毎日新聞社と日本盲人会連合、日本ヘレン・ケラー協会が共同して招待し、ケラーは5月27日から6月7日まで12日間滞在した。当時74歳だった。


 テープは昨春、岸さんが同校資料室の棚で見つけた。箱には「ヘレンケラー来朝記念録音特集」と書かれ、点字とともに各講演日時と会場、同校聴視覚教育部による編集であることが明記されていた。


 見つかった講演会場の音源の内訳は、東京のヘレン・ケラー学院(5月28日)▽東京の富士見町教会(31日)▽大阪市中央公会堂(6月2日)▽全国盲人大会が行われた京都府立盲学校(4日)▽京都市上京区の同志社女子大栄光館(同)。テープの録音時間は計約2時間2分で、このうちケラーの講演は通訳の部分を含めて約1時間12分。ケラーの声量は小さいことから、秘書トムソンが英語を復唱し、「赤毛のアン」の翻訳で知られる村岡花子ら日本人が通訳を担った様子が分かる。


 ケラーは、富士見町教会で視覚障害者に対し「見えないから何もできないだろうという偏見のため、あわれみの対象のようにされている。自分たちの主張を貫徹するよう心から訴える」とした上で、聖書を引用し「闇のあるところに必ず光が差し込む」と激励。同志社女子大では「大学の勉強は難しかったですか」という質問に「非常に困難なことでした。しかし、障害を一つ、また一つと越えていくことは非常に愉快なことです」と答えた。盲学校では最後に「アリガトウ」と日本語で結んだ。


 毎日新聞記者として京都と大阪で密着取材した銭本三千年(みちとし)さん(90)=岡山県=によると、当時の日本国内には、ケラーは言葉を発することができず、トムソンが発言を創作しているのではないかと疑う人が少なくなかった。銭本さんは「英語で一語一語、自身の言葉で語っていた。外国人である私たちにはかえって理解しやすかった」と振り返った。